ステーツについて

∬ ステーツの属するイシカワグループ

ステーツは、住宅、不動産、土木、そして介護事業までを総合的に展開する『イシカワグループ』に属しています。イシカワグループの中で住宅建築業を専門とする会社として生まれたのがステーツです。

∬ ステーツの魅力

安定した経営基盤

ステーツの属するイシカワグループは創業以来、無借金で経営を行っており、その優位性は計り知れません。財務的には借入による利息の支払いがないうえ、展示場の出店をはじめ多額の設備投資が必要な時も内部留保で蓄えた資金で行うため、資金繰りなど銀行との折衝が必要なく安定的な出店計画が可能となります。そして、財務基盤が安定しているため、倒産リスクが他社より低いのは最大の魅力です。

無借金経営のデメリットとして「レバレッジ(※1)をかけられない」ことがありますが、イシカワグループではレバレッジをかけずとも高い成長率を示しています。毎年、着実に内部留保を行い財務体質の強さが成長率を支えています。

※レバレッジ…「てこの原理」、すなわち少ない資本投下で何倍もの収益を生み出す効果のこと。一般的に企業財務の世界では「借入」を指す。資金の大部分を銀行借入で調達する場合、少ない自己資金で巨額の投資が可能となり、自己資金の運用利回りを向上させる効果がある。

業績が急成長

イシカワグループ全体で建築戸数は年々増えています。2001年度に57億円だった売上高(グループ合計)が、5年後の2006年度に100億円を突破。現在の売上高は約274億円という急成長を続けています。つまり、十数年で売上高が約4.8倍になりました。その背景として、新しい拠点を増やしていることだけではなく、社会に受け入れられる商品・サービスを提供していることが大きな理由です。出店に関しては、今後も積極的に行っていきます。

 

社員旅行が毎年海外!

世界に向けた幅広い視野を養ってもらうため、毎年、海外への社員旅行を行っています。職場とは違う環境で、社員同士がコミュニケーション・親睦を深めています。

社会貢献活動

 貧困に生きる子どもたちの未来をともに築きたい。

 イシカワグループでは、年一回の「チャリティコンサート」を行い「世界の恵まれない地域に小学校を作る会」を通じて、コンサートの収益金で小学校の建設費用を捻出しています。この活動は20年続けており、今まで7ヵ国に小学校を建設しました。

JACS 全日本学生建築コンソーシアム

ステーツは「全日本学生建築コンソーシアム(※2)」の事務局として、建築を学ぶ学生の皆様のサポートをしています。 年に一度、開催される「住宅設計コンペ」では学生の皆様の交流の場として広く利用されるほか、展示スペースは建築設計に興味を持ってもらうため一般の方にも開放しています。 当コンソーシアムでは住宅業界全体の活性化と発展、そして未来の住宅作りなどに貢献し、一般社会と学生の思考や技術の交流を高めることを目的としています。設計コンペでは応募作品のデザインとコンセプトを一般化。その斬新で豊かな発想の「住宅」を実際の ”カタチ” にする事が可能となります。「全日本学生建築コンソーシアム」が建築の未来を切り拓きます。

※2 コンソーシアム…ある目的のために形成された、複数の企業や団体の集まり。